極北日記

くまじろうの≪中年向け≫チャレンジ1年生

ブログを始めて50日過ぎたら、ようやくブログでやりたいことが見つかった。

10年前の捨てられなかった日記を読み返していた。

 

自分の中で、消化できていたと思っていたのに
やっぱり泣けてしまった。

 

涙の意味はわからない。

 

ただわかっていることは「捨てられないほどの日々」ということだけ。

 

そうだ、この捨てられなかった日々をブログに残そう。
もともと、このブログを始めたきっかけは紙ベースの日記の代わりだった。

 

丸写しで日記を残したって面白くない。
何か形を変えたいけれど、何がいいんだろう。
でも、見つけた。書きたいもの。

 

はてなブログに登録して、唯一無二のブロガーを目指して始めたブログチャレンジ。
何か一つブログでやりたいこと、テーマが見つかったら新しいブログをもう一つ立ち上げて、運営に力を入れようと思っていた。

 

ようやく、見つけた。書きたいもの。

 

きれいごとの抜きの、書きたいもの。

 

 

捨てられなかった特別なその日々は
ちょっと大事に扱いたい。

 

ならば、ちゃんとブログ運営の教科書を数冊買おう。

kindleで立ち読みして物色し始める。

 

愛読ブログの皆さんもレビューをたくさん書かれている。

当然参考にしまくる。

 

 

たくさん立ち読みしすぎて何がなんだかわからなくなる(苦笑

でも、技術的なハウツー本が多いなか、記憶に残った1冊があった。

 

ブログ飯 個性を収入に変える生き方

ブログ飯 個性を収入に変える生き方

 

 

お笑い芸人の「笑い飯」のコンビ名の由来は

「笑いで飯を食えるようになりたいから」だそうで

そこから、この本の筆者の染谷さんは

「ブログで飯を食えるようになりたいから」とブログタイトルを付けたとか。

 

なるほど・・・

 

べあこがその方式を真似るとするならば…

 

 

妄想…

 

 

 

モウソウ?

 

 

モウソウメシ

妄想飯

モウソウ飯

 

 

 

妄想とは

ない事に対して病的原因からいだく、誤った判断・確信

 

空想とは

現実にはあり得ない事、現実とは何ら関係のない事を、頭の中だけであれこれと思いめぐらすこと。

 違いは「現実にはあり得ないこと」

 

べあこの場合は、やっぱり妄想。

日常の中から病的な誤解のもとに“ない”日常を作り上げる。
非日常や非現実的なことは考えないし、夢にも見ない。

やっぱりモウソウ。

 

その妄想でどうやって飯を食えるようにするってのか?
それは、これから教科書探して摸索するとしよう。

 

広告を非表示にする
Copyright © 2018 ぽうらべあこ All rights reserved.