極北日記

くまじろうの≪中年向け≫チャレンジ1年生

運気の変わり目と人生の折り返し地点。

昨日、部屋の模様替えをしました。

小さな部屋なのでチマチマとマイナーチェンジはしてきたのですが、今回は大がかりな配置換えです。

今朝は、珍しく朝食をつくり、読書しながらブランチ状態。

あぁ、なんて優雅な日曜日の午前中なのでしょう。

掃除と洗濯をして、気づくと3時過ぎ。

ゴールデンウィークの新幹線のチケットを受け取りに新宿駅に向いました。

 

JRの発券機でチケットを受け取り帰路に向います。

新宿駅にこれだけの用事のために散歩に来る。

なんらかの理由で駅を利用している人たちでごった返す新宿駅

人込みをかき分けて、地元面して颯爽と歩く。

 

なんという優越感。

 

 

 

帰路、地下道らしくない地下道を抜け、コクーンタワーのブックファーストに寄り道。

 

今日の主目的ではありませんが、私にとってはメインイベントです。

 

 

全フロア、全部の棚を物色する。

 これが私にとって贅沢な散歩の一つなのです。

 

廃線直前、絶滅危惧のローカル線を特集した本。

我がふるさとの過疎化ぶりを扱った本。

仕事術。

震災関係。

編集関係。

笑い。

心理学。

パンダブームに押されて探せなかったシロクマ本。

 

そして、今日、新たな気になったジャンル。

「終活」

 

45歳でもなく、50歳でもない、47歳。

こんな具体的な年齢に引き付けられ手に取ろうとしたのですが、自分がこの掲題年齢の直前にいることに、思わず片足を後ろに下げてしまいました。

 

今だ自分らしさとか、生き方とか、稼ぎ方とか、どちらかというと就活に近いようなことをしてるっていうのに、一般的には終活の年齢に差し掛かかろうとしてるなんて、思いもしなかったのです。

 

記入式のエンディングノートを見ていてびっくりしました。

ブログ論やブログの教科書なんて読んでる場合じゃなく

終活論やエンディングノートの教科書を読まなければならないじゃないか。

 

 

 

あ、いや、そうか。

エンディングノートをブログに書けばいいのか(笑)

 

 

 

 

 

f:id:polar-bear-co-4690:20180409004756j:image

 

 

その後、真っ青な都庁を抜け、熊野神社を横切り帰宅。

 

 帰宅してみると、換気扇のスイッチが壊れて止まりません。

うるさいし寒いし、何より工事を呼ばなければならないわけで。

そして、ブログを書こうと思ったらマウスがエンディング。

なんとも、不具合の連発。

 

 

 

優雅な日曜日の締めくくりがコレですか。

 

 

 

 

あぁ、あれよあれ。

運気が変わるときって、いろいろものが壊れるっていうじゃない。

 

 

 

優雅の極みに To Be CONTINUE なのだな。

広告を非表示にする
Copyright © 2018 ぽうらべあこ All rights reserved.